石計生教授歌謠研究在日本出版(2016.3 東京.三元社)

12931280_1013120605414827_6086048914300810391_n 12920381_1013120728748148_983936196889923258_n

石計生教授歷經兩年的資料收集,比對與分析,撰寫的台日歌謠交流被遺忘且重要的一段歷史:歌謠、歌仔本與雜誌流傳:中野忠晴、「日本歌謠學院」對戰後初期台日的跨文化影響(歌謡、歌謡曲集と雑誌の流通:中野忠晴、「日本歌謡学院」の戦後初期台日に対する文化を越えた影響),已經2016年3月由日本東京三元社以「台湾のなかの日本記憶: 戦後の「再会」による新たなイメージの構築」([編者]所澤潤+林初梅)書名出版. 其中日本資料部分要特別感謝近藤博之さん.

近藤博之さん是日本名古屋大學畢業的一名優秀的研究者,他對日本歌謡學院的先驅資料收集和研究,非常罕見而傑出。通過我的facebook 「台灣歌謠粉絲來坐會」,近藤さん慷慨提供重要資料給我,得以完成我的一段關於台日歌謠界早已被遺忘的歷史。受到愛知大學黃英哲教授之邀,幾年前我到名古屋大學發表關於許石、吳晉淮和郭一男等日本歌謡學院的台灣學生研究。他們是在1930- 1960年代間留學或通信教學成為歌謠學院的學生,前兩者獲得大村能章、後者獲得中野忠晴院長的畢業證書。我在名古屋期間,得與近藤さん見面,相談甚歡,成為好朋友。我的專文今日已由日本三元社集結出版,也特別感謝近藤さん未. 近年一些新資料不斷出現, 可以說, 日本歌謠學院對於台灣歌謠的支配性影響, 是通過上述幾個台灣學生產生. 未來我還會更進一步聚焦於戰前大村能章和吉田恭章、吳晉淮和許石的研究。

http://www.sangensha.co.jp/allbooks/index/400.htm

台湾のなかの日本記憶
戦後の「再会」による新たなイメージの構築

[編者]所澤潤林初梅

終戦以前の台湾における「日本」は、いかにして台湾人の記憶となったのだろうか。記憶は、戦後日本との「再会」によって構築され興味深い展開となったが、その全貌は明かされていない。本書では文学、歌謡、映画、看護婦、家屋、学校に現れたさまざまな「日本」から、そのあり方、変容を探る。

定価=本体 3,500円+税
2016年3月25日
A5判上製/308頁/ISBN978-4-88303-400-0


イメージを拡大
[目次]
序論 あの頃の台湾──本書を読み進めるために/所澤潤009第一章 戦後台湾における日本語と日本イメージ/松永正義045第二章 植民地体制下の台湾の民謡──民謡に見る「場所」と「空間」/陳培豊 061
一 はじめに 061
二 日本統治期、「台湾」を情景とする楽曲の出現 062
三 新民謡運動から見た「庶民」と「国民」 072
四 新たな外来政権下の「民謡」 078
五 「場所」の主体化と「空間」のツール化 084
六 結論

095第三章 歌謡、歌謡曲集、雑誌の流通─中野忠晴と「日本歌謡学院」の戦後初期台日に対する文化を越えた影響/石計生(田上智宜/訳) 101
一 はじめに 101
二 歴史と歌謡曲伝播の経路?―?中野忠晴、「日本歌謡学院」と台湾 104
三 「愛唱歌時代」―?歌手であり作曲家である中野忠晴の歌謡曲と、台湾人歌手によるカバー 112
四 「日本歌謡学院」の国境を越えた影響 117
五 『週刊明星』、『週刊平凡』と付録歌謡曲集の国境を越えた影響 121
六 結論

124第四章 台湾における石原裕次郎の影響/四方田犬彦 133
一 芸術映画(A級)とローカル映画(B級) 133
二 一九四五年以降の台湾の映画事情 137
三 日活アクションと石原裕次郎 141
四 台湾で公開された裕次郎映画 144
五 『金門島にかける橋』 145
六 『温泉郷的吉他』 152
七 結語

154第五章 現代台湾映画における「日本時代」の語り
──『セデック・バレ』・『大稲?』・『KANO』を中心に/赤松美和子 157
一 はじめに?―?「日本時代」を創作源とする現代台湾映画 157
二 『海角七号』以前の「日本時代」表象 160
三 『セデック・バレ』における「日本時代」の語り方 167
四 『大稲?』の語りとノスタルジア 174
五 おわりに?―?現代台湾映画における「日本時代」の語り 181

第六章 台湾女性エリートの意識の形成とその変・不変
──台湾人看護師を例に/蔡蕙頻(高田友紀/監訳・中村剛福/訳) 191
一 はじめに 191
二 女性の就業背景 194
三 日本統治期における台湾人看護師の育成及びエリート意識の形成 197
四 戦後における看護師のエリート意識の変・不変 206
五 結論 213

第七章 植民地時代の遺構をめぐる価値の生成と「日本」の位相
──台湾における日本式木造家屋群の保存活動を事例として/石井清輝 225
一 はじめに 研究の背景と目的 225
二 自然保護から複合的な「地域性」の保存へ?―?台北市青田街の事例 226
三 「地域資本」としての日本式家屋群―?花蓮市「将軍府」の事例 233
四 「日本」の発見と再定位―?集合的記憶と文化的異質性の観点から 240
五 おわりに 現在の保存活動の争点と今後の研究課題 245

第八章 湾生日本人同窓会とその台湾母校
──日本人引揚者の故郷の念と台湾人の郷土意識が織りなす学校記憶/林初梅 253
一 はじめに 253
二 戦後初期の台湾における日本時代の「記憶の場」? 256
三 戦後日本人の台湾引き揚げと同窓会の結成 262
四 旧台南一中同窓会「南中会」と現在の台南二中 274
五 郷土意識の変容による学校記憶の共有化 281
六 結び 288

あとがき 298

HOME

 

 

Share Button

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *